な、なんだ!?この膨大な魔力の胎動は!?・・・戦友からもらった風俗の体験談を元に来てみたが・・・こいつは誤算だったぜ・・・。くそ!鎮まれ!俺の一物ッ!

風俗嬢に足の裏を舐めさせてもらった。

風俗嬢に足の裏を舐めさせてもらってきました。女性の足の裏は、一度は舐めてみたいと思っていたんですよね。もともとMなので、顔を踏まれながら舐めさせてくれたら最高ですが、そこまで贅沢は言っていられない。女の子をベッドに寝かせて、足を舐めさせてもらうというプレイとなりました。かなり良いプレイだと思いますよ。その日は暑くて蒸していたから、風俗嬢の足も結構臭かったです(笑)。でも、それが良いんですよね。汗とかの匂いが混ざり合って、混然一体となった匂いが鼻を劈く感覚。これは、一度は体験してみる価値があると思います。まだまだ女性の足を舐めてみたいという願望が強いので、風俗を使った時には舐めさせてもらおうと思います。次も色々と舐めてプレイしたいですし、プレイ内容もすごく楽しみにしているので、期待が大きくなっていますね。まぁ僕としては足を舐められたらそれで良いのですが、せっかく使うのだから抜きもしてもらいたいですからね。

不感症の風俗嬢が現れた。

先日、新しい女の子が入ったということで、風俗を使ってきました。新しい子は、結構髪が短くてショートヘアな女の子でした。顔はとても可愛くて、性格はクールそうな顔。さっそくプレイしてみたら、全然感じない風俗嬢でした。フェラとか素股とかの一連のプレイはできるのですが、こちらが責めてもまったく感じてくれないのです。僕のテクニックがないせいもあるかもしれませんが、今までたくさんの女性を満足させてきた僕のテクが通用しない訳がありません。そのまま責めていたのですが、結局は感じてくれませんでした。通用しないなんてことはないって思っていたのですが、彼女はマグロだったのです。身体をピンっと横にして、あとは寝転がっているだけ。乳首を責めても、アソコを責めても全然効果なしでした。正直自分のテクがないのかって、かなり不安になりましたね。それでも、風俗嬢のほうから抜いてくれたので、その点は良かったと思います。次はどうしようかな。

風俗嬢をデートに誘ってみたのです。

本当に性格が良い風俗嬢がいて、僕はその子とプレイすることが多いのですが、先日はデートに誘ってみました。誘ってみたのは、彼女がとても可愛かったからです。性格も良かったから、デートくらいならしてくれると思ったのです。真剣に誘ったら、ちょっと引かれるかもしれないので、適当に軽く誘ってみました。「ねぇ、今度食事でもいかない?プライベートな時に」と誘う僕。しかし、風俗嬢は一瞬で「それは無理」と断ってきました。こういう店の子って、外では客と会わないって聞いてましたが、まさかここまでガードが硬いとは思いませんでしたね。「そうかぁ」って落ち込んでいる僕を見て、「ごめんね、本当は会っても良いんだけど、やっぱり客と外で会うのは怖くて」と彼女。それもわかりますよね。だって、変なことされたら困るし、ボーイさんがいないってのも、彼女たちにとっては怖いことなのかもしれません。風俗嬢をデートに誘うのは難しそうだなぁと思いました。
女子校生大好きなおっさんども!学園系風俗で欲望をむき出しにしよう☆